GlobalData

Pharma Intelligence Seminar

2018.7.4 (wed) / ザ・キャピトルホテル東急

お申し込み

Pharma Intelligence Seminar 開催のご案内

謹啓 初夏の候、ますますご清祥のことお慶び申し上げます。
平素は格別のご愛顧をいただき 厚くお礼申し上げます。

さて、このたび、下記内容にてセミナーを開催させて頂く運びとなりました。
皆様のビジネスに、そしてプライベートにおいても実りある内容となるよう取り組んでまいります。 何かとお忙しいことと存じますが、万障お繰り合わせのうえご出席くださるようご案内申し上げます。

敬具

講演内容

Pharma Intelligence Seminar #1

GlobalData最新レポートからのDisease Intelligence
~アルツハイマー病とドライアイ~

Pharma Intelligence Seminar #1

GlobalData最新レポートからのDisease Intelligence
~アルツハイマー病とドライアイ~

Maura Musciacco, MSc

製薬業界の市場分析、コンペティティブインテリジェンス、および戦略的知見の提供において12年間の経験を有する。GlobalDataでは、神経科・眼科領域の疾患の市場調査レポートおよび患者ベースの売上予測モデルの作成および内容を管理。前職は、Datamonitor Healthcareで定性および定量分析を数年間経験。その前は、市場調査会社でさまざまな治療領域の市場を対象としたカスタムプロジェクトのプライマリリサーチの分析を担当。Imperial College Business SchoolでInternational Health ManagementのMSc、University College LondonでMolecular BiologyのBScを取得。

Pharma Intelligence Seminar #2

臨床開発におけるCompetitive Intelligence

Pharma Intelligence Seminar #2

臨床開発におけるCompetitive Intelligence

Revati Tatake, PhD

GlobalDataのGlobal Director of Databases and Analyticsとして、製薬・バイオテクノロジー業界にコンペティティブおよびビジネスインテリジェンスを提供する統合データベースおよびアナリティカルツールの開発および継続的なエンハンスメントの主導を主な職務とする。 製薬業界および生物医学の学術研究で20年以上の経験を有し、前職のCiteline社では臨床試験およびドラッグデータベースに従事。また、Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals社ではSenior Principal Scientistとして従来の低分子のハイスループットスクリーニングによる創薬プロジェクト、遺伝子治療および細胞治療の革新的なプロジェクトをリード。
開催概要
開催日  :
2018年7月4日(水)

開催場所 :
ザ・キャピトルホテル東急
1階「桐の間」
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-10-3

プログラム:
14:40:受付
15:00:開演
17:00:終了

参加費  :
無料
お申し込み

Pharma Intelligence Seminar

登録受付を終了いたしました。
Name
Company Name
Department
Job Title
Email Address
Phone Number
*本カンファレンスは席に限りがございますため、満席となり次第ご案内を終了させていただきます。募集定員:30名
複数名ご参加いただく際には、お一方ずつ皆様のご登録をお願いいたします。
全ての項目を必ずご入力ください。